ゴキブリをきちんと駆除して、ゴキブリがいない家にする為にはゴキブリが住み着きにくい環境の家にする必要があります。ではどうやってゴキブリがいない家にしていけばいいのでしょうか?

先ずはゴキブリの餌になる様な物を徹底的に処分すると言う方法が有効です。特に食べ物がたくさんある台所は危険区域になりますので食材を出しっ放しにしないで密封して保管するようにしておいた方がいいでしょう。また洗い物も放っておかずにすぐに洗って生ゴミも処理するようにしましょう。またレンジを使ったならガス周りの油も使うたびにきちんと拭き取るようにする事も大切です。

生ごみについても出来るだけ小まめに処分する事が大事なのですが、生ごみの日が決まっている等して出来ない人も多いと思いますので出来れば生ごみはきちんと密封しておく事をお勧めします。出来れば生ごみ処理機があれば尚良いですよね。更にビールやジュースの缶、ペットボトル等の空いた物はきちんと中を洗ってから捨てるようにしましょう。

色んな所に書いてあるかと思いますが、ゴキブリは水があると生きていける生き物です。ですから出来るだけゴキブリが大好きな水を与えない様にする事が大切です。水道の蛇口はきちんと閉める!食器を洗ったスポンジもきちんと乾かす等徹底した対応が必要になります。

後は、家の窓を開けっ放しにしない様にする事も大切ですし、家具と壁の隙間も出来るだけ開けない様にする事も大切です。換気扇、排水溝等も危ないですのでフィルターを付けて侵入できない様に徹底してゴキブリを駆除してゴキブリがいない家になる様にしましょう。

ゴキブリ撃退方法

ゴキブリを撃退する方法として挙げられるのは「殺虫剤」を使ったり「駆除剤」を使ったりする事だと思います。こう言った「殺虫剤」や「駆除剤」は市販されている物を調べてもかなり種類が有りますので選ぶのも大変ですよね。

またその商品達も年を追う毎に改良されていますのでその駆除力も相当アップしているようです。でもその商品達に負けない様にゴキブリも抵抗力を付けてきているみたいですので、商品とゴキブリの抵抗力のイタチゴッコになっていると思います。

ゴキブリの性質としてバックには移動出来ずに前だけに進むと言う性質を持っています。また隙間や壁にいる時に攻撃をすると飛んでくると言う反撃を食らわしてくる可能性もありますので、前から攻撃するのはちょっと勇気が必要だとは思いますが殺虫剤をかける時には前からかけると効果的だと言う事です。

また殺虫剤が手元に無い場合には整髪剤のハードスプレーでも代用できるみたいです。また更に台所用の中性洗剤でも代用できますので色んな物を使ってゴキブリを退治する事が出来ます。

そんな「中性洗剤で本当に退治できるの?」と思うかもしれませんが、意外と効果があるようですよ。何故かと言うと洗剤に含まれている粘度がゴキブリの足が動かせなくして、油で気孔を塞いでしまうと言う事になり、窒息させると言う方法みたいです。

市販されている殺虫剤の中で特に優秀だと思われるものはアース製薬から発売されている「ブラックキャップ」と言う製品です。これはホウ酸よりも効果が有る為、アメリカのゴキブリ駆除業者も使っていると言われています。

おすすめの記事