抜け毛予防のために大切なヘアケア方法の1つが「シャンプー」です。
シャンプーをすると髪の毛がたくさん抜けてしまうから嫌だ・・・と思ってしまう人もいるかと思いますが、抜け毛を怖がってシャンプーをせずにいると頭皮に汚れがたまって逆に抜け毛を増やしてしまうことになります。

シャンプーをする時に抜ける毛は、シャンプーをしなくてもいずれ抜けてしまう寿命がきた毛なので気にすることなく、定期的に頭皮を清潔にすることを心がけましょう。

ですが、間違った方法でのシャンプーは抜け毛の原因になってしまう場合があります。
正しい方法でシャンプーしてくださいね。

まず、シャンプーを行う前にブラッシングしてホコリやゴミを落としやすくしておきます。
すぐにシャンプー剤を使うのではなく、最初はお湯だけで髪を流します。これだけでも十分にホコリや汚れを落とすことができますよ。
お湯の温度は40度前後です。冷たい水を使うと皮脂汚れが落ちにくいので避けてくださいね。

お湯である程度汚れが取れたらシャンプー剤を使って洗っていくのですが、2度洗いするとより効果的に汚れを落とすことができますよ。
シャンプー剤は頭皮に直接付けず、必ず手の平で泡立ててから使うようにしましょう。

シャンプー剤の量は髪の長さや量によってそれぞれ異なりますが、10ml~20ml程度が適量です。最初のシャンプーではシャンプー剤を多めに使って頭皮を軽くマッサージするように洗います。決して爪をたてずに、指の腹を使って優しく行いましょう。
すすぎは軽くすればOKです。

2回目のシャンプーは、シャンプー剤は少なめにし、ゆっくり丁寧に洗います。

今度のすすぎは十分すぎるほど、しっかりと行ってくださいね。

シャンプーが頭皮に残ってしまうと抜け毛の原因になってしまいます。
すすぎ残しがないよう、しっかりと落としておきましょう。

ブラッシングで抜け毛予防

抜け毛が気になる人にとって、毎日のヘアケアはとても大切です。
基本のヘアケア方法の1つが「ブラッシング」です。
髪の形を整えたり、ツヤ感を出したりするために行うのがブラッシングでは?と思う人も多いかと思いますが、実はブラッシングは抜け毛予防にも大切な働きをしていますよ。

頭皮を清潔に保つことが抜け毛予防にはとても大切な事ですが、ブラッシングを行うことでフケや汚れを取り除くことができるのです。
また、毛根を刺激して頭皮の血行を良くする働きもあります。

血行が良くなると、毛根の新陳代謝も良くなって抜け毛予防になりますよ。

ただし、間違ったブラッシングは頭皮を傷めて抜け毛を促進してしまうことになってしまいますので気をつけてくださいね。
頭皮に優しいブラシを使って、正しいブラッシング方法を行いましょう。

まずは、大切なブラシ選びですね。
頭皮に優しいものが基本です。
ブラシの先端はとがっていないもの、弾力性があって、ブラシの目は細かすぎないものを選びましょう。できれば豚毛やイノシシの毛で作られているブラシが良いですよ。
また、静電気を起こしにくいウッドブラシがおすすめです。静電気が起こりやすいナイロンブラシを使うと、枝毛や切れ毛の原因になって髪を傷めてしまう場合があります。

ブラッシングをする時は、髪を少し濡らした状態で行いましょう。ただし濡れ過ぎているとキューティクルを傷つけてしまいますので注意してくださいね。
ブラッシング専用のローションもあるので、そうしたものを使うと抜け毛予防としてさらに効果的にブラッシングを行うことができるでしょう。

おすすめの記事